Home » uchu kara yomitoku ningen shakai: bonbon no hitorigoto by fukagawa kuniaki
uchu kara yomitoku ningen shakai: bonbon no hitorigoto fukagawa kuniaki

uchu kara yomitoku ningen shakai: bonbon no hitorigoto

fukagawa kuniaki

Published December 17th 2017
ISBN :
Enter the sum

 About the Book 

「宇宙から読み解く拮抗力理論」●宇宙は引力という拮抗力で均衡を保っている。人の心の中にも、愛と憎しみ、喜びと悲しみなど相反するベクトルがバランスを取っている様はまさに小宇宙のようでもある。生物の世界では天敵という拮抗力が働くことによって種の保存が保たれている。人間社会では3権分立という拮抗力で社会の安定がもたらされている。... More「宇宙から読み解く拮抗力理論」●宇宙は引力という拮抗力で均衡を保っている。人の心の中にも、愛と憎しみ、喜びと悲しみなど相反するベクトルがバランスを取っている様はまさに小宇宙のようでもある。生物の世界では天敵という拮抗力が働くことによって種の保存が保たれている。人間社会では3権分立という拮抗力で社会の安定がもたらされている。●太陽を取り巻く惑星は太陽系という銀河の中でバランスを取っている。拮抗力にはこうした「場」すなわち土俵が用意される。東西冷戦時の米ソは軍事力という土俵で均衡していた。外交など全ての交渉は土俵を変えることで様相が一変する。仮に日韓の慰安婦問題という土俵に第3国を参加させれば劇的に変わる。●生物界の天敵という拮抗力から夢想してみよう。「健常な細胞」と「がん細胞」に加え「第3の細胞」を注入することによって三すくみの状態を作り出すことができたら勝者はいない。すなわち「治癒」や「死」ではなく結果として「延命」になる。「何故という問いと先を見る心は神が人間に与えた贈り物かもしれない。」●いつ終わる、米朝のチキンレース●なぜイスラム教指導